読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子は自閉症スペクトラム

2012年7月に誕生した息子りく(通称)。2014年4月(1歳9ヶ月)に自閉症スペクトラムの疑いが発覚。2016年3月(3歳8ヶ月)に自閉症スペクトラムの診断あり。療育は早ければ早い方がいい。身をもって体験中。

本の多読にチャレンジ!

「クシュラの奇跡」をご存知ですか? クシュラは染色体異常で身体や知能に重い障害を抱えて生まれました。90%の確率で一歳以上は生きられないと言われたそうです。 動くどころかモノも持てないなどの身体の障害に加え、脳、内蔵、睡眠障害などの様々な症…

注意散漫なときの対処法 ゴールを低く

前回、りくが注意散漫で、ADHDの不注意優勢型の傾向があるかもと書きました。食事も遊びも着替えも片付けも、何をするにしても、気が散って時間がかかります。。 どこかで読んだ対処法に、刺激を減らすといいとあり、視界に気が散るものが入らないように机の…

もしかしたら、ADHDかも??

3歳から1ヶ月ほど経った今、1つ気になるところがでてきました。 それは注意散漫なこと。 ご飯をたべていても、たちあがったり、スプーンの柄を眺めたり、時には机を叩いてみたりと、落ち着きがありません。 好きな電車のおもちゃやDVDなどは、途中で終わ…

自閉スペクトラム症の愛着行動について

自閉症スペクトラムの子の乳児期は、後追いが少なかったり、人見知りがない傾向にあるらしい。確かに、息子りくは、後追いはほとんどなかったし、子育て支援センターなどの親子が多い施設では、ハイハイで他の親御さんの所に駆け寄ったりしていた。自閉症ス…

超早期発見のよさとはなにか

ここで言う『超早期発見』とは、0歳から2歳前の自閉スペクトラム症の発見です。診断やグレイゾーンの子の発見も含みます。 超早期診断があっただけでは、お子さんの症状には何も影響がありません。だけれども、多くの良い結果をえられることを強くお伝えし…

日本では、なぜ超早期発見ができにくいのか

このブログでは、自閉症スペクトラムの超早期療育がなぜよいのかを書いてきました。超早期療育がなされるためには、超早期発見が不可欠ですが、日本ではそれが難しい状況にあります。 このことを今回記事にしたいと思います。 (ちなみに、ここで言う『超早…

発語がない状況で、なぜ超早期発見が可能なのか?

0歳から2歳前で、自閉症スペクトラムの超早期発見がなぜ可能なのかを書きたいと思います。 0歳となると、まだ言葉も出ていない時期。自閉症スペクトラムってわかるのかしら?と疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。 アイコンタクト*の少なさや、興味の指…

なぜ、超早期療育がよいのか?

このブログは、早期療育することが自閉症スペクトラムの特性がある子のためになるよ〜ということを訴えたいブログです。息子を育てる中で、自分なりに調べたり聞いたりしたことまとめてみたいと思います。なるべく書籍や専門家から聞いた内容を載せたいと思…

ママと呼ばれた日 林家パー子法

去年の5月ごろ、息子が1歳10ヶ月ごろに書いた文章です。 このブログのテンション!?とは違いますが、誰かの参考になればとおもいUPします。 ーー 「ママと呼ばれますか?」 1歳後半になる息子は先月新しい保育園に入園した。冒頭の言葉は登園二日目にベテ…

親友の息子さんはADHD〜普通学級か支援学級か〜 その後2

親友の息子Rくんは、ADHDで今6歳の年中です。 来年度に小学校に進級するため、普通学級にするのか支援級にするのか悩んでいます。 2回ほど、この記事を書いています。 親友の息子さんはADHD〜普通学級か支援学級か〜 - 息子は自閉症スペクトラム 親友の息…

問いかけを無視されたときは、どうすればよいのか?

先日、保育園の連絡帳に、こんなことを書かれました。 「いろんな保育士から、りっちゃんに「髪の毛、どこで切ったのかな?」と聞くと、何もなかったかのように無反応で通りすぎてしまいます。 でも、全然関係のないタイミングで、このことを話しかけること…

りくの3歳の近況

お久しぶりです。発達支援を専門にしている友人から、ぜひ息子の成長の記録をとるべきとアドバイスを受けました。しかも、お二方から。 別々のコミュニティで知り合った方で、双方は知り合いではないので、全くの偶然。これは神の啓示かも?!と思い、ブログを…

最近の近況 〜早期療育の経過報告〜

ご無沙汰しております。 放置しておりましたが、一日に100アクセスあることを知り、近況をお知らせしようと記事を書いています。 2歳半の息子りくは、順調に語彙を増やしております。 ひらがなや数字も読めるものがでてきており、一見すると自閉症スペクトラ…

オススメの日記

これは泣けた。10年ちょっと前に書かれたあるお母さんの日記。素直な心情と苦労が痛いほど伝わってきます。お子さんの苦しみを想像すると、知識って本当に大事だなぁと。今はもう少しよい社会になっているといいな。私も伝えていきたいです。 君はいい子 こ…

「本人が好きなことを伸ばす」は難しい。〜13歳少年のスピーチを読んで〜

友人から下記の記事を教えてもらいました。 「学ぶことを今すぐやめよう」 IQ170の13歳少年が語った、”天才”の条件 2歳のときに自閉症と診断され、話すこともできないのではと思われたジェイコブ・バーネットくん。 学ぶ環境にいれられなかったことで、考え…

療育に対して感じている限界について

4月に息子が自閉症スペクトラムの可能性が高いとわかり、応用行動分析(ABA)などの療育(発達のための教育)を見よう見まねで家庭で行ってきました。息子は劇的に成長をみせ、これらの研究や書籍に携わってきた方々に対して、とても感謝しています。 どのよ…

自閉症は遺伝?不幸?について考える

自閉症に関するニュースを読みました。現在の状況が冷静でわかりやすく語られていて良い記事だと思います。 自閉症の遺伝子診断は幻想 フランスの分子生物学者が講演http://www.huffingtonpost.jp/fukushi-shimbun/autism_b_5653912.html記事の内容を簡単に…

自閉症スペクトラムで勘違いしていたこと

息子りくが自閉症スペクトラム(以下ASD)の可能性が高いことを知った後、ASDの文献や記事を読みあさった。その中で、自分の中で勘違い、もしくは偏見を持っていたと、反省したことがある。 それはASDの人たちは「人に関心がなく、ひとりでいることを好む」と…

社会性に対する価値観との決別

息子りくが通っている保育園の体験保育に行ってきた。体験保育とは、一日保母さんに混じり、息子のクラスの子と過ごすというもの。 りくは、先生に名前を呼ばれれば駆けつけられていたし、座っていなきゃいけない時間は、時おり立つけども大体座れてて、想像…

親友の息子さんはADHD〜普通学級か支援学級か〜 その後

先日、地方に住んでいる親友とその子どもが実家に帰省した。親友のお子さんはもうすぐ5歳でADHDである。 親友の実家近くに住んでいる私は、息子がお世話になっている都心の発達障害のクリニックを紹介し、診断の日に同伴した。 親友は、子どもを普通学級にい…

良いところを伸ばしていきたいなぁ⋯⋯

息子が4月から通いはじめた保育園にはとても感謝している。当初は声をかけても無反応だったが、今は先生には抱きつきにいくし、クラスメートにはタッチしたりするようになったからだ。 泥遊びや水遊び、雨の日の室内アスレチック、歌の遊戯、虫の飼育や食材…

参考になった本

現在にいたるまでの療育をかき起こす中で、詳しく触れようと思いますが、今すぐに何か療育に関する情報が必要な方もいらっしゃると思います。そんな方向けに、参考になった情報を取り急ぎ書き出しておきます。 最初にお勧めしたい本はこちらです。 発達障害…

我が子に自閉症の疑いがあったら、絶対様子をみないでほしい。心からのお願いです。

現在お子さんが自閉症スペクトラム(以下自閉症)の疑いがある親御さんがいらっしゃったら、今すぐに療育を開始することを強くお勧めします。様子をみるのは、子どもの発達を促す機会を奪ってしまいます。 そして自閉症スペクトラムの発達の教育(療育)で有…

親友の息子さんはADHD〜普通学級か支援学級か〜

親友の息子さんは、3歳の時にADHDと診断された。現在4歳で、通っている幼稚園では、担任の先生だけでは面倒を見切れないと言われ、国に加配の申請をした。 加配とは、発達障害がある子どもに対して、先生を一人多く配置することができる対応のことらしい。…

やぁやぁやぁ保健師さんがやってきた。〜状況はあらかじめ資料にまとめるが吉〜 8/20更新

自分の子が自閉症の疑いがかかるまで、子どもの発達に関する状況を担当する人がだれだか知りませんでした。保健師さんなのですね。保健師さんが窓口になり、小児神経科の医師や臨床心理士の定期検診、市営の療育施設の手配などをしているようです。(お住ま…

療育は希望してもすぐには受けられない現実 〜8/4更新〜

1歳半検診での小児科の医師、臨床心理士の友人、保育士、3者の専門家の目からみて、自閉症の可能性が濃厚になってきた息子のりく。早めに発達の教育(以下療育)をしたほうが効果が高いという記事をよみ、「とにかく行動に移そう」そう決心した。 決心した…

保育園でもその症状は把握していました〜7/6更新〜

臨床心理士の友人から指摘をうけた、りくの自閉症かもしれないという特徴。連絡帳に記載したところ、「園でもその症状は把握していました。」と書かれる。 前の保育室では、りくの発達障害を強く否定された(※)のに、入園数日で把握しているとは。私は驚い…

息子さんはモノへの興味が強いですね、それって自閉症?〜7/6更新〜

どこへ行っても子どもの心をつかみまくる友人が、我が家に泊まりにきた。 彼女は臨床心理士で、地域の検診で子どもの発達を診断したり支援をする仕事をしている。 そんな仕事をしていることを一切忘れ、友人との会話を楽しんでした。 時おり友人がりくに話し…

異変があらわになる前夜〜7/6更新〜

息子りくが自閉症かもしれないと少し気になったのは1歳半検診。検診予約をおこたり、実際に小児科で受診したのは1歳8ヶ月でした。発育をチェックするアンケートに回答していたところ、つまずく質問がありました。 「人見知りをしますか?」あれっ、人見知り…