読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子は自閉症スペクトラム

2012年7月に誕生した息子りく(通称)。2014年4月(1歳9ヶ月)に自閉症スペクトラムの疑いが発覚。2016年3月(3歳8ヶ月)に自閉症スペクトラムの診断あり。療育は早ければ早い方がいい。身をもって体験中。

超早期発見のよさとはなにか

ここで言う『超早期発見』とは、0歳から2歳前の自閉スペクトラム症の発見です。
診断やグレイゾーンの子の発見も含みます。

超早期診断があっただけでは、お子さんの症状には何も影響がありません。
だけれども、多くの良い結果をえられることを強くお伝えしたいです。

私は、息子が自閉症スペクトラムの傾向があると知らないままだったら、息子の周りとは違う行動に悩み、厳しく叱って躾ようとしたり、自分の躾がなっていないのではと無用に悩んでいたと思います。

また、親の気持ちとして、自分の子どもが発達障害だといわれて受け入れるのには時間がかかります。

私は、親友をはじめ、発達障害だと言われて悩む親を身近にみてきたので、多少知識があり受入れしやすい環境にありました。
それでも2週間から1ヶ月は、将来の不安や、自閉症スペクトラムではないと否定する材料を探したりするようになり、受け入れ難かったです。
寝る時に、背中がひんやりした感覚で、ぐっすり眠れない日々が続きました。
発達障害は目に見えない症状のため、その分、親の受け入れは困難が伴うのだと思います。

でも、文献を読みあさると、息子の特性に当てはまることばかりで、受け入れざるをえませんでした。
そして、超早期療育はとても効果が高いので、息子の成長が目に見えて感じられたことにより、精神的に受け入れの方向に気持ちが整っていきました。
何より時間を経ることによって受け入れられるようになりました。

上述のとおり、発達障害の受け入れには時間がかかるので、超早期発見で少しでも早く発見してもらうことは、少しでも早い療育開始につながることだと思います。

0歳から3歳にかけてが療育の効果が高い時期なので、受け入れはゆっくりするとしても、何らかの療育だけは開始くださることを願っています。

早期発見は、 受け入れは一時的には辛いですが、長期的な目でみれば、親子の精神状況にも息子の発達にも大変よかったことだと感じます。
そして、それは、息子が社会生活を送るようになったときに、生活の質があがってくれるのではないかと私は信じています。