読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子は自閉症スペクトラム

2012年7月に誕生した息子りく(通称)。2014年4月(1歳9ヶ月)に自閉症スペクトラムの疑いが発覚。2016年3月(3歳8ヶ月)に自閉症スペクトラムの診断あり。療育は早ければ早い方がいい。身をもって体験中。

メジャーリーグ選手のADHD診断は全体の約10%

気になるニュースがありましたので、共有しますね。

 

bylines.news.yahoo.co.jp

 

薬の処方のために、ADHD診断されているケースもありそうですが、それを差し引いても多い傾向にありますよね。

 

ADHDの特性がスポーツに向かえば、才能が花開く可能性も大きいということでしょうか。特に多動傾向を持っているお子さんは、四六時中動き回るので、知らず知らずのうちに身体が鍛えられているような気がします。

 

うちの息子は、多動ではなく注意欠陥の特性があります(脳が多動のようには感じますが、、)。また、おそらく三半規管の問題で、走る際にバランス感覚がおかしく体幹が怪しい?!です。何よりも、運動には本人の関心が低いので、今のところ才能は感じません。。。

 

ADHD傾向のあるお子さんをお持ちの方、好きなスポーツを探してみるのもいいかもしれませんね。(運動自体は脳の発達にもいいので、才能があるなしにかかわらず、大事ですものね)

 

ここ半年ほど続けていた、保育園前の朝の公園遊びですが、最近は仕事が忙しかったり寒さに負けてサボりがち、、、。

 

もともと公園遊びを始めたのは、何もないところでも歩くとよく転んでいたので、それを鍛えるため。また、会話のキャッチボールが苦手なのですが、ボールのキャッチボールをすると、会話も改善すると聞き、やってみています。

 

成果は、転ばなくなり、走り方は身体が傾いてはいるものの、素早く動けるようになりました。ボールのキャッチボールは順番でできるときもあれば、違う遊びをしてしまうことも。会話のキャッチボールは相変わらず苦手ですね。

 

一番の収穫は、子どもの精神状態が運動した後はよいこと。身体を動かすと、ストレス発散になるのかもしれません。また親子の会話も増えるので、私自身も充実した気持ちになります。

 

これから暖かくなってきますね。身体を動かすことの大事さを思い出したので、朝の運動を復活してみようと思います。

メジャーリーグのニュースから大分話が逸れてしまいました(笑)

思いつめない範囲で一緒に頑張りましょう^^

 

オススメの記事

我が子に自閉症の疑いがあったら、絶対様子をみないでほしい。心からのお願いです。 - 息子は自閉症スペクトラム

 

子育てに悩む親、必見の書! - 息子は自閉症スペクトラム

 

参考になった本 - 息子は自閉症スペクトラム